ストレッチ

ストレッチについて



『自分のからだは自分で作る』

という強い意志を持ちましょう!





ストレッチの効用




からだの柔軟性アップ

ストレッチを続けることにより、関節の可動域が広がり、筋肉の弾力性、

柔軟性も高まります。


しなやかな動きがからだへの負担も軽減します。


                             


疲労回復力アップ

ストレッチによって、からだの新陳代謝が活発になり、筋肉疲労物質が

除去され、疲労回復が促進されます。





からだのバランスアップ

関節の可動域が広がり、筋肉の柔軟性が高まるとからだのゆがみが

修正されていきます。


からだのバランスが良くなることにより、

ケガ・故障の起こりにくいからだになります。


                           

ストレッチを正しく行う方法




毎日行うのが望ましい

1回のストレッチングですぐに効果が現れるものではなく、

毎日継続して行うことにより効果が大きくなります。


できれば1日数回行うのが望ましい。





からだを曲げるとき、反動ではなく筋肉を使いゆっくりと

反動をつけると筋肉は伸張反射をおこし、

筋肉が緊張し、効果が得られません。


自分の体力・柔軟性に合わせ、どの筋肉、どの関節を伸ばしているか、

はっきり意識してゆっくり行います。






呼吸は自然のままで


ストレッチ中は呼吸を止めず、ゆっくり行います。

呼吸を止めると筋肉がリラックスできず、効果が上がりません。





発展的伸展法で効果的に

自分の柔軟性、その日の調子に合わせ、

最初の10秒はやや筋肉が伸ばされている感じで、

次の10秒はもう少し伸ばす、

ラスト10秒はさらに伸ばすという方法で安全に効果を上げます。




ストレッチは継続することが大切です。


くれぐれも張り切り過ぎて、過度に筋肉を伸ばしたり、

やり過ぎてオーバーストレッチングにならないよう

注意してください。






お問い合わせ・ご予約⇒087-816-6800

 

トップ 当院案内  治療のすすめ方  みなさんの声 料金・症例 アクセス 全国の達人 支援活動
ブログ 院長挨拶  肩こりについて   ストレッチ    メリット
     私の持論   肩こり解消法   入浴効果   デメリット
     スタッフ紹介 辛い膝の痛み   Q&A                         
     お問合せ
     生徒募集中!  
  
  
  
  
  
  
  
  
  

                

Copyright © 2007 - 2017 kiuchi.oou.jp 割引クーポンと地域情報タウンタウン